起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

威圧感を与えるプロフィール写真は近寄りにくくなります!(特にカメラマン界隈での気づき)

プロフィール写真だけど、威圧感を感じる写真は近寄りにくくなります!

…と何度か伝えたが😅

一般人のケースだと多くの場合、腕組みや足組みの状態がほとんどである。
腕組みも、貫禄を感じる著名人やガテン系が行うのは違和感感じないけど、
一般人が行うと違和感を感じやすくなり、近寄り難い存在になります!

 

そんな中、カメラマン界隈でもほぼ似た現象を感じた。

カメラマンなので多くはカメラを持った写真だが、
共通して多いのは「望遠レンズ」を装着した写真である。
特に70-200mmレンズ系持ってる人は率先して出している。
カメラ本体は、面積比的にまだ何とかなるが、レンズは相応の面積を占める。

高性能レンズであり、確かにスゴさを感じるが、
これ、利用者視点から考えると、逆効果である!

そんな私も実はつい最近まで同様に行なっていた。

ある日、私がお世話になっている写真の師匠から
「望遠レンズだと相手に威圧感を与えやすい」とアドバイスいただいた。

プロフィール写真に限ったことではない。
リアルの撮影現場でも同様で、
望遠レンズだとモデル側は緊張しやすい傾向で、
50mmや85mmレンズの方が威圧感与えにくくなり近寄りやすくなる。
これが素人相手となると、なおさらである。

 

もちろん、飛行機撮影など望遠レンズをメインにしている人で
当たり前に使う人は逆に問題ないし、そっちの方がブランディングになる。
ここでは、対人撮影がメインのカメラマンに対してだから。

 

という事情から、先日プロフィール写真を入れ替えるに至った。

前回撮った写真自体、表情、印象に問題自体ないし、今後も使っていく予定である。
しかし当時は、カメラマンあるあるの70-200mmレンズだった。

今回の撮影は望遠ではなく、単焦点レンズ(85mm)を使用、
馴染みやすい印象を与える意図を含んでの撮影という形で依頼した。

 

とはいえ、馴染みやすい印象与えつつも、
はてなブログでは激辛投稿のポリシーを一切変えません。
一部圧力がかかっているが、たとえ書き方や口調は変わっても変えません。

だいたいこういう圧力をかけている人ほど、ブログをやってないので、
アドバイス自体無意味の極地だから。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/profile_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト