起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

神社や公園などの写真撮影、にわかカメラマンが増殖したせいで、ルールが厳しくなっている!

特に対価を頂いて撮影する際、かならず撮影場所のルールをチェックしよう!

これやってない、にわかカメラマンが増殖しているが、
このまま続くと、撮影場所がなくなるのが目前に迫っている!

 

神社や公園(庭園)、商業ビル内など、必ず撮影ルールがある。
これら勘違いしやすいのは「ルール無視」で撮影している人!

基本これらの施設は「私有地」である!!
なので、撮影ルールが決められているケースが多々ある。

決してあなたのルールで全て通らないことに気がつけ!!

当初はゆるく対応しているところが多かったが、
最近では、
対価を頂くにわかカメラマンや、ヴァカYouTuberのせいで、
真っ当に撮影するカメラマンが余計な巻き添いで肩身が狭くなり、
だんだんとルールが厳しくなっている!!

厳しいところは、
ちょっと高額な機材持ち込むだけで注意したり、
レフ板などの持込禁止などもその一つ。

 

撮影する際は最低限、
予定施設に関し、サイトなどをチェックし撮影ルールの確認をして、
質問があったら電話で丁寧に問い合わせること。
当然、身元を名乗った上で。
そうすれば、多くの場合教えていただけるはず!
(基本丁寧に質問してくる人に、無愛想に返す人は少ないかと!)

場合によっては金銭支払いが絡むこともある。(特に神社界隈)

教えていただいたルールに基づいて、写真撮影すればいい。
お客様側はルールを知らないケースがほとんど(当然やむなし)である。

 

撮り鉄のマナーの悪さがマスコミのおかげで目立ってしまい、
一般のカメラマン界隈でも影響を少なからず受けている。

 

あなたのルールを持つことは自由だが、
相手施設のルールが決まっている場合はそれに従うだけ。

特に対価いただいて撮影するカメラマンはそれを理解するべき。

 

そうやって書いている私も、今では事前にチェックしておき、
当日に余計な問題が起きないよう行っている。

このままだと、カメラマンが肩身狭くなってしまいますよ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト