起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

選挙の投票だけど、投票してから文句言う人は最低の極みである

大前提には「選択の自由」「思想・良心の自由」がある。

たまにいるけど「◎◎候補に投票しました!」というと、
なぜか「そんな人に投票したの!?」など文句言う輩がいる。

あのさー、
「投票した後に、変えられないことに文句言うな!」
と言いたいし、過去形に文句言う人は最低の極みである。

 

政治に関しては、宗教、野球同様で、
接客業界ではタブーであるくらいデリケートなことである。

なぜなら、個々人思想や価値観など異なるから。

むしろ、考え方合わないのなら、あなたから縁切っていいと思っている。
いちいちバトルする暇ないし時間の無駄だから。

私もソーシャルメディア使うが、
著しく政治思想が強すぎる人は、内容問わず関係を切っている。

 

先日、私も期日前投票をした。
立候補者は3人だったが、完全消去法で残った結果の投票であり、
私の価値観で「少しはマシ」と思える人を基準にした。

もし本気で政治を変えたいのなら、議員に立候補すればいい。
ただ、立候補しないのであれば、少しはマシな人に投票する以外ない。
あとは開票結果を見るだけの話である。

まあFB上では投票者は書いてないが、察すればわかるオチである。

ところが、
他人の違うフィード見たら、私の投票したことに対して、
文句言いたそうな空気のコメントがあった。

別に相手フィードでバトルする気ないので放置したが、
いちいち文句言う内容ではないのが本音。

バトルしたからといって、投票のやり直しができないし、
私の選択によって投票したんだから、干渉される筋合い自体ない。

すなわち「黙れ!」である。

 

まずは選挙に関して、有権者ができることは投票することである。
投票しない人が政治のことを言う資格はないと言い切っているので、
私も一票を行使しているだけ。

誰もいないのであれば、白票の選択肢もあるかと思うが、
これは真の最終手段以外では使うべきではない。
白票というのは今の政治に「消極的賛成」だと思っているが、
そんなころするんなら、堂々と賛成する意思で票を投じるべき。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト