起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

学歴至上主義で解決しないことは、人格形成である!

前に、センター試験会場で刺傷事件が起こり、
高校2年生(17歳)が殺人未遂で逮捕された。

 

この事件の被害者となった方のお見舞いを申し上げるとともに、
一刻も早い精神的なケアにより回復して欲しい。

同時に、同じ会場で受験した皆さんにおいても、
この一件で精神的トラウマや、
パフォーマンスに影響を与えた方がいらっしゃるのではないかと思う。

その方々にも必要な精神的なケアをして欲しいと思う。

 

本題だが、私の学歴がどうであれ、
学歴至上主義自体反対の立場で、どんなに素晴らしい大学を卒業しても、
「人間力」や「人格」は別物だという持論がある。

実際、今回の事件、犯人の家庭環境はわからないし、推測するべきではない。
ただ言えることは一つ。

「人格無視の学歴至上主義に巻き込まれた被害者の一人」と思っている。

 

中二、高二は
「フリーダム!」とか、「あたって砕けろ!」(某ラジオネタ)と言っているが、
この学年は自由度が高い学年であるが、当人は相当精神的に追い込まれていると予想できる。

そうならないと、こう言う事件を起こすこと自体あり得ない。

 

*先にクソコメやリプ書く人のために補足
今回の事件に関して犯人を同情する気は一切ないし、行った行為に対する刑事罰は真摯に受け責任を持って猛省すること。

 

まず、一流大学へ進学すること自体は否定しない。

あくまでも、
お子様が一流大学進学したい理由が明確に持っていて、望んでいることであれば。

これが大学へ進学する最低限の前提である。

仮にこの前提がないまま進んでしまうと、親は満足感いっぱいになるだろうけど、
お子様にとっては茨の道になる可能性が高くなる。

私の中では、
この社会で高校から大学へ「すぐに」進学する必要はないと思っている。
必要があると感じた時に大学進学すればいいという考えである。

 

今回の事件に関して言うなら、
犯人の高校2年生は果たして
「本心は大学行きたかったのか?」「何かやりたい情熱があったのでは?」と
予想される。

しかし、周りはそれを阻害し「大学受験がすべてだ」といわんばかりに、
「押しつけられた」可能性は予想できる。

その結果、高校2年生の彼は精神的に「不幸感」を味わったのではないかと。

人はストレス溜めてしまうと、どこかで発散するのが基本だから。

 

選択理論で「人の不幸感を生み出している4つのパターン」として
以下のことが定義されている。

人の不幸感を生み出しているのは4つのパターン

(1)あなたがして欲しいと思っていたことを相手にさせようとしても、
相手がしようとしなかったとき

(2)あなたがしたくないことを、相手がさせようとしていたとき

(3)あなたも、相手も、お互いがしたくないことをさせようとしていたとき

(4)苦痛に感じることやイヤなこと、
不可能だと思えることを無理やり自分に強制していたとき

もしも、「自分は不幸だ」と感じることがあるなら | 選択理論.jp―ウィリアム・グラッサー博士の提唱する、より良い人間関係を築くための心理学

 

もう一つ、教育基本法第1条の内容はこちら

第1条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

第1条 (教育の目的):文部科学省

目的読むと早いが、どこにも学力、学歴や偏差値のことは一切触れていない!
あくまでも「人格の完成」である。
(そもそも論を言いたい人がいると思うが、ここでは趣旨逸脱になるので割愛)

中学卒で人格者がいれば、逆に大学院卒で不幸な人もいる。

皮肉にも、一流大学卒業すれば、
人格が伴っていなくても一流の企業や公務員となり、
出世エリートコース間違いなし!という風潮が根強く残っている。
これが残っている限り、問題自体改善自体あり得ない。
あくまでも、学歴と学力はリンクするが、人格、人間力は一切連動しない!

必要なのは、心と人格、人間力なんだから。

 

ぜひ、進学を考えているという関係者はぜひ
「なぜ進学するのか?」をお子様の可能性を尊重して考えた方が良い。

そうすることで、お子様が進学するとなった際の動き方が大きく変わるから。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)

https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp

 

■写真素材販売しております

https://yoshida-proflab.booth.pm/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト