起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

「私は営業活動してます!」これ義務感や宿命感抱いた時点で負けですよ!

「営業活動している」

この言葉、私の考え方としては「はぁ?何それ??」である。

 

私のセミナー(学び)の持論があって、

1)無意識に実践してる人
2)試行錯誤しながら実践してる人
3)義務感で実践してる人

に分かれる。

1と2はそんなに問題ないが、
3のケースは見抜かれた時点で終わりですよ!

 

セミナーおたくと言われるとおそらくそうであろう。
ただ言えることは
「点を集めることで、必ずや線ができる」のである。

10個集めるだけで線ができる人がいれば、
100個集めて線ができる人もいる。

私の場合は後者のパターンで、
その点をどれだけ集めるかは、経験の差である。

 

本題の営業の話へ戻るが

「営業」と頭で思った瞬間、
今でも良からぬイメージを抱き、エネルギーがゼロになる。
「営業」という言葉自体、不快のイメージが湧くからである。

なので、通常の会話中、フランクに話した方がずっと良い。
「これも営業だろ」という方がいるが、
間違いではないと思うが「営業」と私は一切思ってない、単なる「雑談」である。

その中で仮に撮影依頼があっても、違和感感じないまま進む。
(事務的なやりとりは形式的になるが)

これにスピードが増したら最強となる。

 

なので第三者(特に上司先輩から)「営業してこい!」という言葉に対して、
とんでもない違和感や不快感しか感じないのである。

この違和感
「本当に今後営業スキルを実践して本当に活用しようと考え、試行錯誤しながら行動している人」
「ここにいる以上、宿命感や義務感を抱きながらやってる人」
が混ざっているのは事実である。

 

私は「やらなければならないと思った時点でアウト」と思っているし、
エネルギーが激減する。

結局、私が保険営業でズタボロになった理由の一因はこれである。

究極、好きなことをやっている時は、何にも考えず活動しているが、
営業という言葉が入った途端、急に萎縮したり、型にはめてしまうのである。

もし営業に対して義務感や宿命感抱いたら、一度考え直しましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)

https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp

 

■写真素材販売しております

https://yoshida-proflab.booth.pm/


 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab/

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト