起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

「有明アリーナ」は陸の孤島である!ライブ帰りは「りんかい線」まで歩く選択肢を!

「有明アリーナ」の帰り道、
あえてりんかい線で帰る方法が良いかと!

 

先日、15000人規模のライブを見に行った。
ここではライブの内容は省略するが、
帰りの移動方法だが、めっちゃ不便だった!

 

先に有明アリーナの最寄駅はこちら。
(公式サイトより転載)

〇東京臨海新交通ゆりかもめ
 「新豊洲駅」下車………………徒歩約8分
 「有明テニスの森駅」下車……徒歩約8分

〇東京臨海高速鉄道りんかい線
 「国際展示場駅」下車…………徒歩約17分
 「東雲駅」下車…………………徒歩約17分

以上となる。

 

全体的に中途半端に距離がある。
賃貸不動産的にいうなら「4駅使用可!」という
キャッチが瞬時に思いつきそうなくらいである(笑

 

先に電車移動の際、ICカードのチャージは
必ず事前にやっておきましょう!

混雑するのは容易に想像できるので、
先にやっておくだけで帰りはラクだし、
周囲からの
冷たい視線を浴びることがないからである。

 

有明アリーナのライブ終了後、
各移動方法についての傾向はこちらです!

 

1)「ゆりかもめ」の場合

大人数が移動する影響もあるが、
ゆりかもめは
6両編成の場合は、収容最大人数が
306名(公式サイト上より)と少ない。

最悪の場合、入場規制もありえるかと。
(臨時便あるのかどうか不明)

 

2)「りんかい線」の場合

特に国際展示場駅は
東京ビックサイトのイベントに耐えうる
キャパを誇るので、混み合ったとしても、
入場規制はないかと。
(コミケとライブが重なったらの場合は
「?」はあるが、通常時は知れている範囲内)

りんかい線からJR線移動の方が
動きがスムーズなはず!

 

3)「都営バス」の場合

もう一つ「都営バス」での移動がある。
当然この日は停留所に行列ができていた。

幸いにも
都営バス側が臨時増便として対応していた。
しかし、このケース場合によっては
臨時増便しない可能性もあるので、
最悪の展開を考えると良い。

 

4)「タクシー」の場合

有明アリーナ近辺は警備員もいるので、
多少離れてから乗ると良いが、
場合によっては都心が多く離れが少ない傾向。

結果的にアプリなどで呼ぶのが良いも、
雨天の場合は呼んでも来ないリスク大。

 

5)よしだ的な結論

無難にいくなら、徒歩17分と大変だけど
「りんかい線」で最寄駅移動する方が
良いです!

臨時バスがあるなら、あえて乗るのも手。

ゆりかもめは、入場規制覚悟で行くべし。

 

ちなみに私はこの日、
都営バス(臨時便)に乗って、
勝どき駅前停留所で降りて、
大江戸線に乗って帰ったのでありました。

 

2022.8.20に一般オープンとなった
「有明アリーナ」
周辺マンションなどの
絡み(騒音問題)もあったりと、
課題が多い場所となる。

今後、利用頻度が増えると、
移動の問題も絡むので、
より良い形で便利になって欲しいと思う。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただきありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp

 

■写真素材販売しております

PhotoAC
https://www.photo-ac.com/profile/23955632

PIXTA
https://creator.pixta.jp/@yoshidahirofumi

BOOTH
https://yoshida-proflab.booth.pm/

 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

【私の各種発信メディア】
基本フォロー返しなどしますので、お気軽にフォローしてください!

■YouTubeチャンネル
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitter
https://twitter.com/yoshida_proflab/
■ Instagram
https://www.instagram.com/prof.camera.hyoshida/?hl=ja
■Facebookページ
https://www.facebook.com/yoshida.prof.labo

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト