起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみのブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いている辛口ブログとなっております。

写真を「SNSにアップするだけでエントリー完了」のコンテスト「著作権チェックしてるの!?」

写真コンテストが数多く行われているが、
規模の大きいコンテストは、
最後にRAWデータを出すことが多いため
著作権的に問題ないことが多い。

 

しかし、ここで一番問題なのは

「SNSにアップするだけでエントリー完了」

という小規模コンテストの類である。
(「◎◎カメラ部」もこれの類)

 

先に理解できることとしては、
スマートフォン対象にしているため、
ハードルを低くしてエントリーが可能である。

しかし、
この類のコンテスト逆に大きなリスクが絡む!

それは著作権の問題である。

特に、他人の写真を勝手に持ち逃げして、
コンテストに応募ができてしまう。

そして、最悪の場合、入賞してしまう。

 

もちろんエントリー前に
注意事項は載っているとはいえ、
主催者側が相応のチェック体制がない限り、
ザルで終わってしまうのである。

これは実質
著作権チェック無視していると同様である。
むしろ黙認と言って良いであろう。

これ本当に気をつけたほうがいい!

 

最近私も、
一眼レフ(ミラーレス一眼)撮影作品には
撮影者クレジットを
センターにつけることが増えた。

これは、
SNS類で明確に表示する意図があって
行われている。

同時に、無断使用に対しても警戒し、
違反行為は容赦無く対応している。

スマートフォン撮影は、
ほとんどザルだけど(笑

 

写真コンテストにエントリーする際は、
主催者の著作権の考え方を
一つの指標にしたほうがいいですよ!

ザルなところは距離をおくこと含め。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

記事をお読みいただき
ありがとうございました!

ほぼ毎日更新しているはてなブログ
今後も読みたい方は
下の「読者になる」ボタンを押してください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

■公式サイト(撮影部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design

■公式サイト(電子書籍部門)はこちらから
https://enjoy-eagle.net/kindlebooks

■セルフマガジンの送付依頼はこちらから
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

 

■選ばれメディアプロフィール写真撮影
(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/design/plofile_basic_lp

 

■写真素材販売しております

PhotoAC
https://www.photo-ac.com/profile/23955632

PIXTA
https://creator.pixta.jp/@yoshidahirofumi

BOOTH
https://yoshida-proflab.booth.pm/

 

■プロフィール写真撮影の雰囲気
https://www.youtube.com/embed/G4nBmW1wmW4

  

【私の各種発信メディア】
基本フォロー返しなどしますので、
お気軽にフォローしてください!

■YouTubeチャンネル
https://enjoy-eagle.net/design/youtube
■Twitter
https://twitter.com/yoshida_proflab/
■ Instagram
https://www.instagram.com/prof.camera.hyoshida/?hl=ja
■Facebookページ
https://www.facebook.com/yoshida.prof.labo

 

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】

Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト